忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年11月20日02:33 】 |
5/24 Gvポタ子 1回目
こんにちわ 伯備シンです。

投稿もあまり慣れていないので固っ苦しい感じもしますが
恐らく徐々に本性が現れてくるでしょう(ぇ


さてタイトルにもあるとおり、
5/24のLokiサーバー攻城戦第302回が伯備シンのポタ子デビュー戦となりました。
初めてのポタ子ということでしたが雇ってくださったG様には非常に感謝しています。

ちなみに募集チャットに入る前にポタ子を扱うblogなどを参考に以下の準備をしておりました。
(募集チャットに入ったのはGv前々日の金曜日、連絡があったのは次の日の土曜日でした。)

・青Jの確保(とりあえず倉庫に1000個ぐらい)
・砦巡り
・各砦場所と略称の紐付け

「はじめに」も書いた通り、Gvなんていままでまったく興味がなかったので
アナウンスが流れていてもブリタニアってなに?UOにもそんな地名なかったっけ?
とかそんなレベルw

あるポタ子指南blogでは「まず最初に砦を歩いて回ること」と記載されていたので
その言葉を鵜呑みにし、まずはMAP片手に各砦を巡ることにしました。

各砦MAPを巡り、砦の入り口まで行って、旗を確認してから次へと繰り返すうちに
画像を見ながらだけではまったく頭に入らなかった砦位置が
不思議と頭の中に入っていきました。
やっぱり先達の方々の言うことは素直に聞くものですねw

募集チャットの面接の中でも
「各砦の位置は把握されてますか?」
「SE砦の位置については分かりますか?」
と質問がありました。
雇い主さんとしても指定した場所を正確に反映できないとポタ子として意味がありませんから。

ともかく仕事内容とベースキャンプの場所と集合時間、IRCの有無、
報酬や消耗品の清算について確認を行い、募集当日は終了。翌日がGv本番となります。


5/24 Gv当日
IRC経由でポタ場所を確認。メモ取得のために移動するわけですが
ここで1つ問題発生。

事前に、修理工のポタを取得してくださいとの指示があったので
まずは修理工をメモ。
その後砦メモを取得したのですがこのままだとメモの書き換えが発生した場合に
修理工メモが最初に消えてしまう。

これを避けるために修理工メモを一番上にもってこようとしたのですが
ポタの仕様上、同一MAPでのメモは1つしか取れず、書き換えを行っても
選択ウインドでの順番が変わりません。(自分はこのとき初めてこの仕様を知りました。)

その為、すでに砦メモを取ってしまった後でメモ場所の優先順位を変えようとする場合、
第4のメモ場所をかませて、さらに取得順番を考慮する必要がありました。


適当にポタメモを変えても全然思い通りにならずまさにポルナレフのAA状態。
結局色々気がついてポタ順番を変えるのに45分程度の時間を要しましたw

えらく時間はかかったけどもGv開始15分前にはベースに戻ることができました・・・。


そしてGv開始

前線へ送り出す為のポタをひたすら展開。
今回のベースの場合、
雇い主様から支援とヒールは手が空いた時でポタに集中してください
と事前に言われていたのと、S4Uが展開されていたのでSPはかなり余裕がありました。

主にSE砦を中心に送り、戻ってきた部隊のためにサンク展開&修理ポタ&前線ポタと
送り出すだけでもてんてこ舞い。全体を通して2度、送り先を間違えました・・・
幸いなことに切迫した残り30分でのミスは無かったのでよかったのですが
あれが追い込みの時にしていたらと思うとゾっとしました。

結果、雇い主様のGはSE砦をひとつ取得しGvを終えました。
おめでとうございます!

正直、何時何分にどうなったかなんて細かい状況を把握できる能力もなく、
気がついたら2時間経過していた初Gvでした。

IRCで交わされる内容もよくわからず、転戦支持やポタメモ変更だけは漏らさないように
注意するので精一杯w とりあえずEMCが何なのかだけは憶えましたw


Gv終了後、報酬をいただきお仕事終了となったのですが
このとき、ポタについて指摘事項がなかったかを確認しなかったのが
後から思い返すと失敗だったかもしれません。

とりあえず初ポタ子で重要だと思ったことは
・ポタ先を間違えない(当たり前)
・自分の目の前で止まった人は自分になにを要求しているのかを考える。


1つ目は当たり前のことなので割愛。
やっぱりクリック後Enterでもズれる時はズれる・・・orz

2つ目は自分の前に来て発言せず座っている騎士さんが
何度かいることに気がつきました。
「支援ちょうだい」や「ヒールちょうだい」と言ってもらえれば一番早いのですが
Gvという特殊な状況なのでこちら側も相手の意図を汲み取る必要があるなぁと感じた次第。
恐らくこれは慣れなんだろうなぁ。


初めてだらけで非常におもしろかった初ポタ子でした。
今後もスキルを磨き、またお願いしますと言われるポタ子を目指してがんばります!

拍手[0回]

PR
【2009年06月02日20:28 】 | ベース日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]